トランプ大統領との関係構築に期待

アメリカのトランプ大統領が就任することが決まってから日本の経済も国政もトランプ大統領に振り回されることになっていくのではないかという不安が強いです。
特定の産業や会社を名指しで非難され、一方で親和ムードを漂わせているトランプ大統領。すでにトヨタが非難された直後にアメリカに投資を決めた時にはなんだかがっかりしました。(トヨタはもとから決まっていたことだと言っていましたが)
中国が今までずっと自分の利益になるためなら堂々と無茶苦茶なことを言ってきて、それに日本をはじめ諸外国が振り回されているように感じるのですが、アメリカまでもそうなってしまったら世界が無茶苦茶になってしまうのではないでしょうか。プロミス審査
安倍総理にはトランプ大統領に振り回されず、落ち着いて日本の立場を確立していってほしいと思います。日本までも日本の利益が一番と張り合うのは問題ですが、アメリカ側のいいようにいろいろと決めてしまっては今後もどんどん要求はエスカレートしていってしまうように思えます。トランプ政権が生まれたばかりのこの時期に適度なアメリカとの関係を築けるかが大事なポイントだと思います。
今はトランプ大統領の一つ一つの言動で株も大きく変動してしまっているので、早くトランプ政権には落ち着いて欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です