今は誰でも自作の音楽をお金に出来る時代です

インターネットやデジタル機器が普及する前、自作の音楽をお金にかえるには、力のあるレコード会社やプロダクションと契約を交わす必要がありました。曲をハイクオリティな音でレコーディングするには、高いお金を出してスタジオを借りる必要があり、CDなどの音源として商品化するにもコストが嵩んだからです。また、出来た音源を全国で手に入るよう手配することは、個人で活動する者にとってはかなり高いハードルでした。

しかし、時代は変わりました。現在ではデジタル機器の飛躍的な発展により、個人でもかなり高品質な音でレコーディングをすることが可能になり、高いお金をかけてスタジオを借りる必要がなくなったのです。

また、音楽をパッケージする方法も多様化しました。CDはもちろん、MP3やWAVファイルなど、コストをかけずに多様なフォーマットを利用出来るようになりました。

そうして出来上がった音源をお金にかえる方法も多様化し、しかも個人で行えるようになりました。

代表的なものとしては、「アグリゲータ」と呼ばれる仲介業者を通すことにより、iTunesなどから全世界に向けて有料配信する方法です。大抵の場合、最初に初期費用を支払った後、音源が売れるたびに売り上げから数パーセントが仲介料として引かれる、といった具合です。

また、BGM販売のサイトもあり、音源をサイトに登録するとBGMとして委託販売をしてくれます。こちらも売り上げからサイト利用手数料が引かれた分が収入になります。

この他にも、ネットショップ作成サービスなどアイデア次第で様々な選択肢があり、現在は誰でも自作曲をお金にかえることが出来る時代なのです。レディースキャッシング専業主婦

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です