消費税増税延期の評価と選挙結果

この前の参院選は憲法改憲の是非でもありましたが、安倍政権の消費税増税延期に対する経済政策の評価結果ともいわれています。しかし実際には多くに人はどちらもよくわからない状態でその意思表示をしめした投票というよりも現状直近に自分の生活に降りかからないために現状維持を選んで自民党に投票したという結果になったようです。ピンポイントで消費税増税延期について一人一人に聞いてみれば、増税が延期は消費者としてはありがたいけれども将来の財源ということでこれでいいのかという漠然とした不安は残ったままというのが正直なところだと思います。この部分だけを拾い上げれば経済政策がうまくいかなかったために消費税延期になったというのは誰でもわかるわけで、政策があまりうまくいっていないということに他なりません。現在の負債を子供や孫に押し付けてはいけないといいながらも押し付けてしまっているという結果ではあります。結局現在日常生活に影響がないためにそれほど真剣身がなかったといわざるをえません。ただ、財源がないといわれながらも他国の援助額がとてつもなく多額であったりすることからも、ないとわれていてもまだまだ財政は余裕があるという情報もあり、判断が難しくわかりにくいものとなっているといえます。オリックス銀行カードローン 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です