誰もが子供の頃に夢中になれるアニメが必ずある

私が幼かった頃から二十歳を過ぎた現在までずっと続いているアニメというのはいくつかありますが、ドラえもんやサザエさんのような国民的アニメを別にするとポケモンが昔も今も変わらず子供たちに大人気なのはさすがです。

最近では妖怪ウォッチに取って代わられた感もありますが、それでも海外ではまだまだポケモンも負けていません。

そしてもちろん私も子供の頃にはそんなポケモンに夢中になったものです。アニメだけでなくそれに関連したゲームやキャラクターグッズもいくつか親に買ってもらい、小学校の高学年になる頃までずっと夢中になっていたものです。

そうして今現在ではポケモンと同じくらい妖怪ウォッチが人気ですが、いつの時代も子供たちが夢中になれるアニメというのは必ずあり、そしてそんなアニメには夢がたくさん詰まっています。

そうしたアニメを見て、友達同士でごっこ遊びをしながら、友情や正義を学んでいこうかななんて思います。

そして両親に子供の頃に夢中になったアニメはあるかと聞いてみたところ、ど根性ガエルやヤッターマンです。この二つならリアルタイムで見たことない私でも知っているほど有名です。そう思うと子供が夢中になれるアニメというのは、それが終わってもなお語り継がれていくのかもしれませんね。専業主婦キャッシング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です