豊洲の移転は一体誰のせいなんでしょう

新都知事が決定してからにわかに動き出した豊洲市場への移転問題。東京ガスの跡地だったのでベンゼンなどの有害物質が環境基準値を超えてしまっている問題。そもそも基準値を超えているのは調べればわかっていたことだと思うのですが、それを政治判断した人間が悪いとなると全都知事の問題になるのでしょうか?ただ土壌が汚染されているから何?という見方なのでしょうか、確かに築地のような場外ではなく、場内市場なのでベンゼンなどが直接付着したりとかの問題はなさそうです。常温では液体として存在するので気化することも少ないと思いますし、市場内への進入は少ないものと思います。みずほ銀行カードローン 審査
ただ見ていてこの問題は何処に落とし所を持った行こうとしているのかが全く見えないこと、解決のために時間やお金がかかっていることも問題だと思います。調査チームを何回か設置しているだけでも時間や労力、金がかかっておりその結果も特に不安を煽るだけで何かの政治判断につながっているかと言うと話が何も進んでないのが現状。建物もできてしまっているのでここで止めると言う判断がかなり難しいのはわかるのですがいい加減どちらかの方向に舵を切り始めないとかの問題が泥沼化していきそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です