借りる時に必要なものは状況により様々

私たちが金融会社などからお金を借りる時には、必要なものが幾つかあります。大抵は、身分証ですね。いわゆる保険証やパスポートなどを金融会社に提出する事になるのです。

なぜそのような物が必要になるかと申しますと、そもそも金融会社は本人確認をしたいと思っているからです。いわゆる成り済ましを防止する為に、必ず身分証明書で本人かどうかを見極めている訳ですね。

ただそれも、追加で必要になってくる書面も幾つかあります。例えば公共料金の支払い明細ですね。

というのも金融会社への申し込み者によっては、まだ住所変更が完了していない事があるのです。それでは現住所が確認できませんので、直近の支払い明細が別途必要になるパターンもあります。

それと所得を証明する書面です。いわゆる給与明細などを金融会社に提示するケースがほとんどです。もしくは源泉徴収などでも問題は無いのですが。

ただ、それは毎回必要になる訳ではありません。利用限度額次第ですね。その金額が30万円程度であれば書面が必要無い事が多いのですが、50万円などになれば給与明細が必要になるケースも多々あります。もっとも銀行などの場合は、50万円ではなく300万円と設定されている事が多いのですが。

このように借りる時には、状況により必要なものが色々変わってくる訳ですね。

銀行からお金を借りる主たる3つのメリットとは

お金を借りる方法の1つは、銀行です。そこからお金を借りるメリットは、主に3つ考えられます。

まず1つ目ですが、手数料が比較的リーズナブルになります。銀行以外の会社から借りるとなると、一般的には消費者金融になるでしょう。ただその金融会社の場合は、総じて手数料が高めになっています。手数料が18%前後になっている会社が多いですね。それに対して銀行の場合は15%台や14%台など、比較的低めになっている訳です。ですのでお金を借りる時のコストを抑えたいと考えているのであれば、銀行で借りるのが良い訳です。

また銀行の場合は、年収による規制が発生しないメリットもありますね。銀行でない所から借りるとなると、年間収入の30%までに限定される事が多いのです。つまり年収が200万円の方であれば、最大60万円までしか借りる事ができません。いわゆる総量規制ですね。ところが銀行の場合は、そのような規制が無いのです。ですのである程度まとまった資金を調達したい時には、銀行などは良いと考えられるでしょう。

ただし銀行の場合は、ちょっと審査に時間がかかる傾向があります。中には申し込み翌日でないと、借りる事ができない所もあります。もっとも、それを銀行によって色々なのですが。ですのでスピードを求めるのであれば、消費者金融の方が良いかもしれませんね。しかし手数料などを考慮すれば、総じて銀行の方がお得だと考えられます。

お金を借りる為の主たる2つの方法とそれぞれのメリット

お金を借りる方法には、主に2つになります。銀行などの金融会社から借りる方法か、誰か親戚などに声をかける方法ですね。

どちらの方がメリットが大きいかは、考え方は人それぞれでしょう。ただ人間関係などを考慮すると、前者の方がメリットが大きいという意見が根強いです。

そもそも借りる為に親戚に声をかけるのは、かなり勇気が要りますね。以前に私もお金を借りる為に声をかけた事があるのですが、かなり勇気が必要でした。ある程度人間関係が構築されていただけに、なおさら声をかけづらいのですね。

ところが金融会社などの場合は、そのような感情が発生しないことが多いです。相手は業者ですので、人間関係に影響が発生するような事もありませんね。ですね金融会社から借りる方法の方が、ある意味気軽と言えるでしょう。

ただし手数料も考慮すれば、金融会社の方が良いとも言えません。というのもそのような会社では、やはり手数料が発生する事が多いのですね。たいていは年利という表現が用いられていて、そこそこまとまった金額になります。しかし親戚から借りる時には、そのような手数料が発生しない事も多いです。

つまり手数料を優先するならば親戚から借りる方が良く、人間関係を重視するならば金融会社の方が良いでしょう。どちらを優先するかで、最適な方法も異なってくる訳です。

お金を借りる為の様々な言い訳と金融会社のメリット

親戚からお金を借りている方々は、しばしば口実を探しているようです。というのも親戚にお金を貸して欲しいとは、やはり言いづらいものなのです。それで自分がお金を借りる理由がもっともらしく聞こえるように、親戚に対する言い訳を考えている方もいらっしゃる訳ですね。

全般的には、第三者を理由に言い訳をしている事例が多いようです。例えば友達の冠婚葬祭に出席をしたいものの、手元の資金が足りないという話を作り上げることもあります。

また、仕事を言い訳にしている事もあります。例えばお仕事の為に、英語力が必要になったという話ですね。語学力を身につける為には色々と費用がかかるものですが、資金不足なのでお金を貸して欲しいという言い訳もあります。そうかと思えば、免許を言い訳にしている事もありますね。仕事で免許を取らなければならず、お金を貸して欲しいという言い訳もあるようです。結局のところ第3者や仕事を言い訳にしている方々が多いようですね。

ただ上記のような言い訳を考えるのも、色々と大変です。金融会社から借りる時には、上記のような言い訳は必要ありません。ですので親戚からお金を借りるよりは、ある意味金融会社の方が気楽な一面があると個人的には思います。

金融会社からお金を借りる時の主な審査基準は年数と安定性

金融会社から借りる時の審査基準としては、年数と安定性があります。

まず前者ですが、いわゆる勤めていたり住んでいる長さを指します。金融会社に対する申込書には、勤続年数や居住年数といった表現が用いられている事が多いですね。

そして年数は、基本的には長い方が有利になります。例えばお勤めの年数が半年足らずの方よりは、3年や5年など長い方がお金を借りやすくなる傾向があるのです。金融会社としても、腰が落ち着いているという印象を抱くからです。また住んでいる年数も同じです。

具体的に何年くらいなのかが、金融会社によって様々ですね。1年目安という会社もあれば、半年前後でも問題ない会社など色々です。

それともう1つの安定度とは、所得に対してです。所得は安定度が高い方が、借りやすい傾向があるのですね。毎月の収入がバラバラな方よりも、ほぼ一定している方が借りやすい傾向がある訳です。思えば上記の勤続年数からも、安定性が垣間見えますね。勤続年数が5年の方などは、安定していると見なされるのでお金を借りやすい傾向がある訳です。

ただその基準も、各社様々です。比較的借りやすい会社もあれば、やはり厳しい会社などもありますね。一般的に銀行などは、やや厳しめな傾向がある訳です。