主婦はお金を借りる事はできるか

主婦の方々は、しばしばお金を借りる事ができるかどうかを心配しています。なぜなら金融会社から借りるとなると、安定した所得が求められる事が多いからです。

特に心配している事が多いのは、「専業」の方ですね。その方々の場合は、パートなどで働いていないからです。兼業の方々は、もちろん働いていますね。

そして金融会社は、申込者の所得の安定度というものを見ています。やはり安定した所得が無い方の場合は、ちょっと融資が難しくなってくる傾向があります。専業主婦は安定した収入が無いと見なす会社も、やはり少なからず有ります。ですので専業の方は、金融会社によっては借りるのが難しくなる事もしばしば有るのですね。それで冒頭のように心配している主婦の方もいらっしゃる訳です。

逆に兼業の方は、話は別です。金融会社が安定した所得があると判断した時には、兼業の方は借りられる事が多いですね。

しかし「全て」の金融会社にて、主婦の方は難しいという意味ではありません。中には専業の方でも、特に問題無い金融会社もあるのです。

ただしその際にも、やはり金融会社から審査は行われる事になります。一般的にはご主人の所得の状況が見られる事が多いですね。もちろんご主人の所得に何も問題がなければ、借りられる訳です。

お金を借りる時の金利とそれを左右する様々な要素

どこかの金融会社からお金を借りるとなると、たいてい金利が発生します。いわゆる手数料ですね。

その手数料は、パーセンテージで表記されている事が多いです。例えば手数料が18%になっていて、100万円を借りたとしましょう。その際には、1年で支払う手数料のトータル額は18万になるのです。もっとも実際には、日割りで計算される事になるのですが。

そのパーセンテージは、利用限度額と呼ばれるものに左右される事が多いです。そもそも金融会社から借りる事ができる金額には、上限があるのですね。その上限額の高低で、手数料が変わってくるパターンが多いです。例えば限度額が20万円と設定された時には手数料は18%ですが、100万円と設定された時は17%台などの具合です。基本的に限度額が大きくなれば、手数料もリーズナブルになると考えて良いでしょう。ちなみに限度額は、金融会社の審査によって決定される事になります。

ただし手数料も、会社によって色々ですね。一般的に銀行関係の金融会社は、やはり手数料は低めに設定されている事が多いです。最大年利が15%になっている金融会社なども、しばしば見られます。それに対して銀行ではない金融会社の場合、18%台になっている事も珍しくないのですが。ですので金利の高低で、自分に最適な金融会社を選んでいる方も多いですね。