節約には日々の積み重ねが大事私なりの節約術

買い物は小さい子どもを連れて買い物に行くと、どうしてもお菓子や飲み物など必要ない物を買いたがりますし、家で留守番させるわけにもいかないので、平日5日分の献立は考えておいて、平日は毎週月曜日の一度だけ買い物に行って

います。いつも行くスーパーは、月曜日はどの商品も1割引きなので、必ず月曜日にまとめ買いをしています。お肉やお魚はまとめ買いして冷凍して、お野菜は無人販売や農協の量も多くて安いものを買っています。

また、主人のご両親がお野菜を作っているので、たまに送っていただいています。土日の買い物は主人に子どもを見てもらい、一人で買い物に行くようにしています。主人を買い物に連れて行くと

食べたい物を次々とかごへ入れていくので、出来るだけ買い物は一人で行きます。

電気は、洗濯機、炊飯、食洗機は深夜電力で電気代が安い時間帯にタイマーをつけて予約しておいたり、朝ごはんを作る時ににIHや電子レンジをつかう為、電気代の安い朝の7時までには朝ごはんを作るようにしています。

あとは、家を建てる時に吹き抜けをつくったのと、ダイニングに大きな窓をつくったので、天気が悪い日でも電気をつけなくても明るいのと、できるだけクーラーをつけずに済むように、ダイニングの窓に

サンシェードをつけたので、人目を気にせず窓を全開に開けらるので風通しもよく、よっぽど暑くなければクーラーをつける必要もありません。オリックス銀行カードローン審査

何年間も金欠なわたしの日々の生活

私は常に金欠の生活を何年間も続けています。そもそも金欠になってしまった理由は、車のローンの支払いに追われているからです。営業職だったため、インセンティブなどがあり、ギリギリ大丈夫だろうと高額な車をローンにて購入しました。翌月、本社への異動辞令が下りました。現場主義の会社のため、年収ベースで言うと100万くらい給料が下がりました。ローン残額が莫大に残っているため車を売ることもできません。さらに本社は東京なので、駐車場代も跳ね上がりいよいよ首が回らない状態になってしまいました。すぐに給料が上がるということもないため、私は決意しました。節約はもちろんですが、絶対的な収入を増やさなければどうしようもない状況のため、土日を使っての副業です。幸い独身なので休日は自分の時間です。具体的には、派遣に登録したことと、家でのデータ入力を始めたことです。金欠になるということは、色々な背景があれど少なからず自分の収入に見合わない生活をしているということに他なりません。派遣の仕事をしているときなどは、自分が贅沢をし過ぎたのだと自責の念を駆り立て、奮い立たせています。しかしながら、副業をすることは自分にとってはかなり有益だと感じています。様々な仕事を経験できることで、本業に活かせることもしばしばですし、何より副収入を得て一ヶ月を乗り切った時の達成感はバイタリティになります。会社の外でのコミュニケーション能力の向上や、多方面のスキルアップの観点から、副業を解禁する大手企業も最近増えてきています。少し別の角度から見たとき、今の時代は収入源を一本に絞らないことが成功する秘訣だと主張している方もいます。金欠が理由で節約をすると、私は少し惨めな気持ちになってしまうので、できるだけ生活水準を下げず続けていけるよう、副収入を得る方向に振り切っています。みずほ銀行カードローン 審査