お金を借りる為の主たる2つの方法とそれぞれのメリット

お金を借りる方法には、主に2つになります。銀行などの金融会社から借りる方法か、誰か親戚などに声をかける方法ですね。

どちらの方がメリットが大きいかは、考え方は人それぞれでしょう。ただ人間関係などを考慮すると、前者の方がメリットが大きいという意見が根強いです。

そもそも借りる為に親戚に声をかけるのは、かなり勇気が要りますね。以前に私もお金を借りる為に声をかけた事があるのですが、かなり勇気が必要でした。ある程度人間関係が構築されていただけに、なおさら声をかけづらいのですね。

ところが金融会社などの場合は、そのような感情が発生しないことが多いです。相手は業者ですので、人間関係に影響が発生するような事もありませんね。ですね金融会社から借りる方法の方が、ある意味気軽と言えるでしょう。

ただし手数料も考慮すれば、金融会社の方が良いとも言えません。というのもそのような会社では、やはり手数料が発生する事が多いのですね。たいていは年利という表現が用いられていて、そこそこまとまった金額になります。しかし親戚から借りる時には、そのような手数料が発生しない事も多いです。

つまり手数料を優先するならば親戚から借りる方が良く、人間関係を重視するならば金融会社の方が良いでしょう。どちらを優先するかで、最適な方法も異なってくる訳です。