銀行からお金を借りる主たる3つのメリットとは

お金を借りる方法の1つは、銀行です。そこからお金を借りるメリットは、主に3つ考えられます。

まず1つ目ですが、手数料が比較的リーズナブルになります。銀行以外の会社から借りるとなると、一般的には消費者金融になるでしょう。ただその金融会社の場合は、総じて手数料が高めになっています。手数料が18%前後になっている会社が多いですね。それに対して銀行の場合は15%台や14%台など、比較的低めになっている訳です。ですのでお金を借りる時のコストを抑えたいと考えているのであれば、銀行で借りるのが良い訳です。

また銀行の場合は、年収による規制が発生しないメリットもありますね。銀行でない所から借りるとなると、年間収入の30%までに限定される事が多いのです。つまり年収が200万円の方であれば、最大60万円までしか借りる事ができません。いわゆる総量規制ですね。ところが銀行の場合は、そのような規制が無いのです。ですのである程度まとまった資金を調達したい時には、銀行などは良いと考えられるでしょう。

ただし銀行の場合は、ちょっと審査に時間がかかる傾向があります。中には申し込み翌日でないと、借りる事ができない所もあります。もっとも、それを銀行によって色々なのですが。ですのでスピードを求めるのであれば、消費者金融の方が良いかもしれませんね。しかし手数料などを考慮すれば、総じて銀行の方がお得だと考えられます。